レアジョブを始めるために必要なもの

英語学習

必要なもの一覧

レアジョブを始めるにあたり、必要なものは以下の通りです。

  • パソコン or スマートフォン or タブレット端末
  • インターネット回線
  • ヘッドセット
  • ウェブカメラ
  • Skypeアカウント

パソコン or スマートフォン or タブレット端末

パソコンか、スマートフォンか、タブレット端末は、必ず必要となります。
パソコンであれば、 「Google Chrome」か「Firefox 」の最新版ブラウザが入っていれば良いですが、事前に「環境チェック」機能を利用してビデオや音声の確認をしておくとスムーズにレッスンができると思います。

スマートフォンやタブレットであれば、レアジョブの公式アプリをダウンロードするだけでレッスンが可能になりますが、スマートフォンやタブレットを使ってレッスンをするのであればカバーやスタンドを利用して、両手を自由に使える状態にすることをお勧めします。

Kindle Fireは、公式アプリがないため、利用できません。

インターネット回線

インターネット回線は必須です。低速の回線でも受講は可能ですが、画像や音声が乱れる可能性があるため、避けたほうが良いと思います。

スマートフォンやタブレットで受講する場合はモバイル端末用の回線でも問題なくレッスン受講は可能ですが、光回線を利用した時と比較してビデオの画質が悪くなる場合がありました。

ヘッドセット

マイクとスピーカーがついていれば問題ないですが、クリアな音声で集中してレッスンをしたい場合はあった方が良いです。

ただし、PCに接続する際は、端子に注意が必要です。
パソコンに接続する端子は主にUSBと ステレオミニプラグ の2種類がありますが、USBヘッドセットを利用した方がトラブルが少ないです。
ステレオミニプラグをPCで利用する場合は、PC起動時に接続されていないとうまく認識されない等のトラブルが発生する場合もあるため、避けたほうが無難です。

スマートフォンやタブレットの場合、スピーカーとマイクは基本的に付属しているため、イヤホンだけでもレッスンは可能です。

ウェブカメラ

必須ではありませんが、個人的には強くお勧めします。

講師の中にも、カメラをオフにして話す人もいますが、コミュニケーションなので、相手の表情を見ながら話しをしたほうがスムーズです。

また、発音の修正をする際にも、実際に口の動きを見せてもらうことや見てもらうこともあるため、安価なものでも導入したほうが良いです。

Skypeアカウント

Skype不要のビデオレッスンシステムである「レッスンルーム」が2018年から利用できるようになったため、Skypeは不要となりました。

一部講師は「レッスンルーム」に対応していませんが、Skypeは動作が不安定な場合が多く、レッスンが中断する可能性があるため、基本的には 「レッスンルーム」 を利用した方が無難です。

私自身、 「レッスンルーム」 を利用し始めてから、音声等に関するトラブルがほとんどなくなりました。

まとめ

必要なものは多く見えますが、基本的には多くの人が既に持っているPCやスマートフォンの環境をそのまま利用できるため、追加で必要なものがあったとしても、ヘッドセットとウェブカメラくらいでしょう。

それほど準備は大変ではないため、気軽に始められるのではないでしょうか?

コメント