【合格体験記】AWS 認定クラウドプラクティショナー

AWS認定試験

はじめに

2021年9月に、AWS Certified Cloud Practitioner(CLF-C01)に合格したので、合格のためにやった勉強法や反省点などを共有し、他の人の参考にしてもらいたいと考えております。

受験した人

  • 30代のシステムエンジニア(SE)
  • AWSサービスは、たまに利用する程度
  • 既婚、子持ち(時間がない…)

受験理由

2017年に、ソリューションアーキテクトのアソシエイトを受験したことがありますが、当時はあまり試験情報が充実しておらず、本1冊だけをやりきってから受験しましたが、全く歯が立たず不合格に…。その後は日々の業務が忙しいのと、あまり試験に対して乗り気がせず、勉強できない状況が続く。

ただ、日々の業務でAWSの知識の重要性が高まっていくのを感じており、何とかキャッチアップしようと受験。他の投稿のように、短期間で〇冠のようなことはできないので、当時はなかったクラウドプラクティショナーから受験することに。

勉強時間・方法

とりあえず、前回の反省から書籍では全く演習量が足りないと思い、演習を重視した学習をすることにしました。

Udemyの下記の講座が一番安く、演習が充実していたのでこちらを購入して演習しました。

【2022年版】この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)
https://www.udemy.com/course/aws-4260/

7回分の演習がありますが、中々時間が確保できず、2~3時間/回で、20時間前後の勉強で合格しました。

最後に

正直、エントリーの試験だと侮っていた部分がありましたが、勉強を始めてみて思ったより難しいと感じました。

また、今後AWSの試験を受ける際に問題形式や試験予約のやり方に慣れたりするのにも有効だと思います。

一番うれしかったのが、合格者特典で、次回の受験料が半額になるバウチャーを手に入れることができたことでした。

この体験談が皆さまの助けになると大変うれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました